盆栽用棚製作(趣味)

IMG_3164 IMG_3152

 

雪に備えて盆栽を置く木製の棚を製作しました。

ホームセンターから木材5千円、金物1万円、塗料3千円 合計18,000円の材料代、製作8時間で完成です。

板金屋さんなので、木を接続する大工さんのような加工が出来ないので金物とビスを多く使いました。

IMG_3158 五葉松盆栽(奥さんの親父さんの盆栽をいじってます)

針金巻き本を見ながらやってみました。巻き方間違ってるかもしれません。1本1日かかりました。

棚を作るより難しいです。

盆栽も木棚加工ももっと勉強が必要でした。

ラック台車

IMG_2661

ラック台車(ステンレス製)

製品を入れて運搬する台車です。

台車には仕切りがついており箱を何段にも積めるようになっております。

 

輿網

IMG_0985IMG_0980

ステンレス製 輿網

本体と網は取外し可能となっており、網が破損した場合交換出来るようになっております。

網は本体と密着するように工夫してます。

 

インテリア番外編 職場体験製作物「ティッシュボックス」

DSC_0118

DSC_0118

DSC_0119

DSC_0119

DSC_0120

DSC_0120

インテリア番外編 ティッシュボックス。

このティッシュボックスは弊社に実習で来て頂いた学生に作ってもらう製作物です。

職場体験の製作物ではありますが、モノトーンのインテリアによく馴染むステンレス材質、キッチンや洗面台など水回りに置くといいですね。〇丸く切り抜かれた模様も素敵です。愛犬家の私といたしましては、ペットの名前などを入れたいものです(^^)”

 

弊社では、地域の中学生のドリームアッププロジェクト(社会科実習見学)の受け入れをしており、鈑金加工をより身近に感じてもらうためにティッシュボックスなどの体験製作をしてもらっているのです。

製作指導には、技能検定や管工事の資格を持ったベテラン社員が安全第一にわかりやすく指導します。

中には鈑金材質に詳しかったり、CADを使える学生などもいて教えるこちら側も驚きです。

作った製品は持ち帰って頂きますが、自宅で「こんな事をしてきたよ!」と会話して頂けたら弊社としても嬉しいかぎりです。

また、高校生の職場見学も受け入れており、最近では女子生徒の見学もあります。

現場女子などの言葉も登場する中、幅広い業種できめ細やかな女性の感覚も期待され

実際に活躍しておられますので我が社でもいつの日か鈑金女子が誕生するのが楽しみであります。